企業様の現状 ふくらむ福利厚生費

少子高齢化と景気の停滞がもたらすもの

【進む高齢化】2015年には人口の27%が65歳以上の高齢者になる予測があります。【深刻な少子化】全人口における生産年齢人口が2015年には61%になると見込まれています。

健康保険、年金等の 社会保険料の 引き上げによる 企業への負担増加福利厚生費の推移

  • *1 福利厚生費: 法定福利費(*2)と法定外福利費(*3)の合計
  • *2 法定福利費: 健康保険、年金、介護等の社会保険料のうち、企業が負担した費用
  • *3 法定外福利費: 企業が任意に負担した費用(住宅関連・医療健康・慶弔関係等の制度運営等)

法定外福利費を抑制することは非常に困難です。

だから「福利厚生制度の見直し」が必要です。

効率的な見直しを目指しましょう。

● 優秀な人材の確保 ● モラール向上・人材流出防止こういう効果を損なうことなく 制度を見直すことが必要です。

  • 人材確保への影響

    エントリーの際に「福利厚生」が気になりますか?

    就職活動でも職場を選ぶ指標となっており優秀な人材を獲得するためには魅力ある制度が必要です。

  • 従業員のモラール低下・定着性低下への影響

    福利厚生制度の再構築を進めた場合の懸念
    (複数回答可)

    従業員に対して「安心感の提供」といった心理的な支えの効果を持ってるため慎重に行う必要があります。

4つの見直しポイント

従業員ニーズが高い不平等がない

企業ロイヤリティ向上に役立つ導入コストが安価

従業員ニーズ効果を見極めましょう 「健康・医療」「生活保障」が上位に。従業員のニーズに応えられる制度作りがカギです。

福利厚生費のファンド縮小と再分配→費用対効果の高い新制度の導入

効果的な福利厚生制度の転換へ

お問い合わせ・資料請求・お見積もり

PAGETOP