GLTDで新戦略 導入メリット

満足度と費用対効果の高いメリットがあります

病気・ケガにより長期で就業不能になった場合、日常の生活費に加え、治療費による支出が加わります。収入の減少の中、生活が大変苦しい状況になります

  • 従業員の満足度UP

    従業員ニーズの高い「健康・医療」「生活保障」に応えることで、従業員の働く満足度UPに貢献できます。

  • 不公平感の払拭

    年齢・性別を問わず従業員全員が対象となります。今の時代にマッチした公平性のある福利厚生制度です。

  • 企業への信頼感UP

    「従業員を大切に考え、安心して働ける環境を提供する」企業として従業員のロイヤリティと信頼感UPに貢献できます。

  • リーズナブルな導入費

    従業員一人当たりの費用が他の制度と比べてぐっとお安く(下図参照)充実した補償体制を用意することができます。

 GLTDの導入で

● 従業員の所得補償イメージ

GLTDを導入することにより、今まで補償できなかった長期の収入減少を補償することができます。

従業員の所得補償イメージ図

● 従業員1人1ヶ月当たりの福利厚生費内訳

従業員の平均月収35~40万円の企業が、従業員全員を対象に、給与の2割を補償する場合の
導入金額の例(※実際の金額は補償内容により異なります。)

従業員1人1ヶ月当たりの福利厚生費内訳図

日本経団連「福利厚生費調査2007年度」より一部改変して作図

従業員にはしっかり補償される安心感

企業様には低コストで企業ロイヤリティUP、  新しい競争力の獲得

お問い合わせ・資料請求・お見積もり

PAGETOP